金利に気をつける

貸金業法が改正になり、貸付金利の上限が変わっています。

数年前までは29.2%という金利で貸し付けるサラ金会社もあり、
それは違法ではありませんでした。

この金利というのは、借り入れる額が小さい時に割り当てられるもので、
1社あたり多額の借入契約を結んでいる方ほど金利は安くなっています。

さて、今現在の上限利息はいくらかというと20%程度までとなっています。

多重債務に陥るのは金利によるものもあると言われていますが、
返済金額が利息だけになっているところもあるため、
元金は何時まで経っても減らず、複数社から借りて返済に当てるという悪循環を繰り返した結果なのです。