錯覚を起こすからである

「お金を借りているという意識がなくなる」
「借りたことでお金が増えた」

多重債務に陥っている方の共通点ですが、
どうしても必要なお金があり、1社から借り入れているという方の場合だと、
借りているという意識が常にあり、最初に借りた金額よりも借り入れをすることはありません。
返済してしまわなければ、または借金があるということを
自分にあってはならないことと思っているのです。
後ろめたさもあると言われています。

しかし、複数社から借り入れをしている方の場合は違います。
借りたことで持ち金が増えたと思い込んでしまい、
借りているのに自分のお金であるという錯覚を起こすのです。

そのため、余分な買物に走る傾向があり、
借金をしているのに贅沢にしてしまうこともあるのです。

多重債務に陥らないためには、後ろめたさは持っておいたほうが良いでしょう。
返済し終えた時、後ろめたさから開放され、
あってはならない影の部分を払しょくすることができるのです。