罪の意識とは

確実に返済できるのなら
借金をすることに対して罪の意識を感じることはありません。
ただ、後ろめたい気持ちになるのは確かでしょう。

借金に関しては、罪を犯しているというわけではありません。
ローンだって消費者に貸すことで金融会社は利益を得ています。
これが商売なのです。

でも借りたものを払わない。
これが一番悪いことです。
返せる当てもないのに借りるということが多重債務者になるきっかけです。

借金を踏み倒すことによって債権者に不利益を出させてしまいます。
元本は全く減ってないのに利息だけを何年も払い続けている人がいたとしたら
その限りではありませんが。

元本は全く減ってないのにという方の場合
まずは専門家に相談をしましょう。
いくら返済しても残額が減らないということは、利息分だけを支払っている可能性が高く、
グレーゾーン金利のせんびきをすることで借金がチャラになることもあるのです。