サラ金

多重債務者の金銭感覚

Posted in サラ金 on 7月 24th, 2011 by someone – コメントは受け付けていません。

多重債務に陥る人は金銭感覚が狂っている人がほとんどなのです。

5000円で何ができますか?

普通の人なら丸一日贅沢をして暮らす事ができます。

そうでない人は5000円では何もできない、それなら一発パチンコで増やそうと考えるのです。

借金がいくらあるか分からない

Posted in サラ金, 多重債務 on 5月 25th, 2011 by someone – コメントは受け付けていません。

借金を繰り返している人は、途中から自分にどの位の借金があるのか分からない人がほとんどです。

借金を返すために借金をしてしまうのが原因ですが、自己管理ができない人がしてしまうのです。

そういう人は、ブラックリストに載ってしまったあと、何年でまた借金ができるとか考えないほうが良いでしょう。

借金に向いていない人なのですから。

自己管理が出来る人

Posted in サラ金 on 4月 24th, 2011 by someone – コメントは受け付けていません。

パチンコ屋に行って、一度当たるまでは止められない。

欲しい物があったらすぐにでも欲しい。

そんな人は借金をしてはいけないのです。

自分でお金の管理ができない人には借金をする資格がありません。

パチンコ依存症に勝つ

Posted in サラ金, 多重債務 on 12月 20th, 2010 by someone – コメントは受け付けていません。

パチンコをする人は多重債務に陥りやすい。

一回当たれば4000円位の出玉がありますので小銭の計算ができなくなるんです。

そして当たれば大きいですから「次はかならず出る、だから大丈夫!」こんな何の根拠もない自信で

パチンコに行ってしまうんです。

当然負けますよね?そしてキャッシングをしてちょっと勝ったとしてもその金を返済には回さないんです。

またその金を掛金にして結局負ける、そしてまたキャッシング。

破産するのは当然ですよね。

一度パチンコ店に行って全体を見てください。

当たっている人は全体の1割くらいです。

ギャンブルによるもの

Posted in サラ金 on 9月 28th, 2010 by admin – コメントは受け付けていません。

ギャンブルで借金を重ねる方のことを「ギャンブル依存症」というそうです。

これによって、本人だけではなく一緒に住んでいる家族も、苦痛な思いをします。

何度も催促の電話を受けたり、家を訪ねられたりしますので、気持ちは暗くなるばかりです。

「本人にどうにか立ち直ってもらいたい」家族はそう思うでしょうが、家に催促の電話が来るからといって本人以外に返済の義務はありません。

精神的に苦痛を強いられるでしょうが、本人のためを思うなら、家族が借金の肩代わりをしないことです。

テレビコマーシャル

Posted in サラ金, 多重債務 on 4月 9th, 2009 by admin – コメントは受け付けていません。

テレビでは連日のように
サラ金業者のテレビコマーシャルが流されています。

以前はサラ金というとかなりうさんくさいイメージで
借りてはいけないところという共通認識があったのですが、
ここ数年のサラ金のイメージアップ戦略、
あるいはサラ金(サラリーマン金融)ではなく、
消費者金融という呼び名の変更などが功を奏しているのか、
以前ほどダークなイメージがなくなってきているのも確かです。

こういった環境が、多重債務に苦しむ人を
大量に生み出しているのだという人も多いです。