多重債務

クレジットカードとキャッシングカードを上手に使う

Posted in カード, 多重債務 on 6月 27th, 2015 by someone – コメントは受け付けていません。

「カード破産」
という言葉、聞いたことがありますよね?

カード破産というのは、クレジットカードでたくさん買い物をしすぎた、
キャッシングカードでたくさんのお金を借りたというために
支払いに困って最終的に辿り着くものです。

クレジットカードもキャッシングカードも
どこかで「自分のお金を使っている」という錯覚を持たせてしまいます。

クレジットカードの場合、買い物の上限をわきまえて使っている方なら
一括払いを選択し、翌月、あるいはよく翌月に持っている自身の口座からきちんと引き落としされ、返済をされています。
後で決済されるのばクレジットカードでの買い物ということになります。

一方、キャッシングカードというのは、
借り入れをするカードとなりますので、使うごとに借金が増える、
返済額プラス利息を払わなければならないということになるのです。

キャッシングカードを上手に使うなら、
本当に急な出費があり、翌月、またはボーナス時までにきっちりと返せるようにするのです。

クレジットカードを上手に使うなら、
リボ払いなどにはせず、ひと月の決済額を決済日にきちんと口座引き落としができる範囲内で買物をするようにします。

病気だと自覚しよう

Posted in サラ金, 多重債務 on 5月 25th, 2015 by someone – コメントは受け付けていません。

サラ金に頻繁にお金を借りる方、
もしそれが生活費のためにというのなら、
あなたの生活スタイルを見直す必要があります。

普通に働いているのなら、それに見合った生活スタイルにするだけで
借金を作ることはありません。
身の丈にあった生活をすることでお金が足りなくなるということはなくなるのです。

収入に見合わない家を借りる
それならばランクを落とし、収入にあった家に引っ越します。
食生活が贅沢、買い物依存症、ギャンブル好きというのは
ある種の病気だと思います。

これをすることで気分がすっきりする。
でも絶対に必要な買い物ではなかったということも多く、
明らかに病気と呼べる状態なのです。

借金グセというのも病気だと自覚をしましょう。
ギャンブル依存症だって病気なのだと自覚をしましょう。

それが克服できれば多重債務で苦しむことはありません。
誰かに借金を肩代わりさせるというのもやめてください。

どれくらいで多重債務者となる?

Posted in 多重債務 on 3月 8th, 2015 by someone – コメントは受け付けていません。

一口に多重債務者といっても、
どれくらいの金融会社やサラ金から借金しているか
はっきりとした数字は出せません。

はっきり言えるとしたら、これ以上借入申込ができなくなった時といえるでしょう。

そうなっている時点では、1社の借金を払うのに
別のサラ金などから借り入れをして払うということを繰り返しています。
数社でそれをしてる時点で多重債務者と呼べるのです。

返済しているのに残額が減らない。

というのは、返済しているつもりとなっている額の多くは
借りたお金の月々の利息ということも多く、
返済しても減らないのは当然のことです。
元金を返済してない、返済してるのは相手が儲かるための金利だけなのですから。

既にブラックリスト入りしている方なら
借りられる金融会社はありません。
あるとすればヤミ金ということになります。
それをほんの数社から借りているとしても多重債務者と呼ぶことができると思います。

一番怖いのがヤミ金ですので、そこからは絶対に借りないようにしましょう。

罪の意識とは

Posted in サラ金, 多重債務 on 1月 21st, 2015 by someone – コメントは受け付けていません。

確実に返済できるのなら
借金をすることに対して罪の意識を感じることはありません。
ただ、後ろめたい気持ちになるのは確かでしょう。

借金に関しては、罪を犯しているというわけではありません。
ローンだって消費者に貸すことで金融会社は利益を得ています。
これが商売なのです。

でも借りたものを払わない。
これが一番悪いことです。
返せる当てもないのに借りるということが多重債務者になるきっかけです。

借金を踏み倒すことによって債権者に不利益を出させてしまいます。
元本は全く減ってないのに利息だけを何年も払い続けている人がいたとしたら
その限りではありませんが。

元本は全く減ってないのにという方の場合
まずは専門家に相談をしましょう。
いくら返済しても残額が減らないということは、利息分だけを支払っている可能性が高く、
グレーゾーン金利のせんびきをすることで借金がチャラになることもあるのです。

1人で悩んでも前には進めない

Posted in 多重債務 on 9月 14th, 2014 by someone – コメントは受け付けていません。

多重債務に陥ると、返済に困って1人で悩んでも前には進めません。

このような状態になりながら精神も強く保てており
返済されている方もいますが、多くの方はそうじゃないということです。

精神力が強いのなら昼夜を惜しまず働いて返せますし
悩むということも少ないでしょう。返済することができているのですから。

でも多くの方がそうじゃない。

もしもあなたが多重債務に陥っているのなら、それを分かってください。

債権者は逃げても追いかけてきます。
どこにいるのかも突き止められてしまいます。
弁護士や司法書士に債権者が手続依頼をすればあなたは訴えられてしまいます。

このような自体になる前に誰かに相談すべきなのです。
借金の肩代わりの相談ではありません。
法的解決ができる弁護士や司法書士に相談をするということです。

誰にも肩代わりさせてはなりません。
その責任もあなたが全て背負わなければならないのです。

例え支払い義務が免債となり自己破産者となっても
お金の工面や資格取得、就職に制限がかかるということで、
あなたが背負わなければならないということです。

借金でクビになったら、とにかく再就職

Posted in 多重債務 on 9月 2nd, 2014 by admin – コメントは受け付けていません。

借金が元で、会社を去らなければならないというケースは想像以上に多いものです。

本来、借金を理由に会社をクビにすることは法律上で禁止されていますから、それで会社を追い出されるというのはおかしいと感じる人が多いかも知れません。

しかし、いったん借金の事実が会社の上層部に知れ渡ってしまうと、会社での立場が目に見えて悪くなっていきます。

重要な仕事は任されなくなりますし、現金に関わる仕事から露骨に遠ざけられるようになります。

同僚も、何だかよそよそしくなるのです。

同調圧力といいますか、上が評価しない人と仲良くしていたら、自分まで巻き込まれて閑職に追いやられるかも知れないという恐怖があるのです。

結局、会社を辞めざるを得ないことになります。

辞めた後は再就職ですが、借金を抱えている以上、スムーズに内定という結果を出さなければなりません。
そのためには再就職に必要な履歴書・職務経歴書の書き方や面接のコツについて知っておく必要があります。

いずれも、ネットで無料情報を使って勉強することができますので参考にされてください。
転職面接インフォ http://tensyoku-mensetsu.info/teiban/
転職履歴書の書き方 http://rirekisyo.pw/kakikata/

錯覚を起こすからである

Posted in カード, サラ金, 多重債務 on 8月 13th, 2014 by someone – コメントは受け付けていません。

「お金を借りているという意識がなくなる」
「借りたことでお金が増えた」

多重債務に陥っている方の共通点ですが、
どうしても必要なお金があり、1社から借り入れているという方の場合だと、
借りているという意識が常にあり、最初に借りた金額よりも借り入れをすることはありません。
返済してしまわなければ、または借金があるということを
自分にあってはならないことと思っているのです。
後ろめたさもあると言われています。

しかし、複数社から借り入れをしている方の場合は違います。
借りたことで持ち金が増えたと思い込んでしまい、
借りているのに自分のお金であるという錯覚を起こすのです。

そのため、余分な買物に走る傾向があり、
借金をしているのに贅沢にしてしまうこともあるのです。

多重債務に陥らないためには、後ろめたさは持っておいたほうが良いでしょう。
返済し終えた時、後ろめたさから開放され、
あってはならない影の部分を払しょくすることができるのです。

返さないよりも、借りる癖を直せ

Posted in 多重債務 on 7月 14th, 2014 by someone – コメントは受け付けていません。

借金の返済をしないのは困ったことですが、それを未然に防ぐには、どんなに小さな金額でも誰にも借りないでいることだと思います。生活に必要だとしても所持金で生活するすべを身につけるということとなりますが、交通費が問題なら早く起きて歩いて出勤するのです。食事代が足りないとすれば、ご飯だけでも握ってそれを昼食にすべきでしょう。

借金の問題は「安易に借りてしまうくせがつく」ということです。それによって起こることは多重債務となります。簡単に借りられると思うことで、借金の返済を催促されたら、別のサラ金などから借りて返済するため、それらが悪循環となるのです。

借金をするということは、借りた金額だけ返せば良いというものではなく、利息がついてきますのでその分も上乗せして返済しなければなりません。そのために借金が膨れ上がり、どれだけ返済しても元本が減っていかないのです。

まずは借りるということから足を洗うべきといえるでしょう。

支払いは債務だけではない

Posted in 多重債務 on 4月 13th, 2014 by someone – コメントは受け付けていません。

多重債務者になると他の支払いにも困るようになります。

自己破産の手続きをして免債が決まっても
払い続けなければならないものがあるということです。

例えば納税すべき税金を滞納していたり、
レンタルで借りている何かの支払いが滞っていたりなど。。。

税金は相談によって分納という形も取れるため
楽に支払っていくことはできますが、
健康保険税や市区町村民税ふたつがそうなっている場合
どちらかがまた滞納をしてしまう可能性があります。

それらを全て完納するまでにどれくらいの時間がかかるのでしょう。
数年とみて間違いないかと思いますが、
扶養義務のある家族がいない場合税金は高いものです。

借金返済の苦痛から逃れられても取り立てはさほど厳しくなくても
月々収めなければならないものが残るため、
まっさらな状態に戻るにはそれなりの時間がかかるのです。

今頂いているお給料全てで生活できるまで
長い時間がかかると言ってもいいでしょう。
その期間、どこからも借りられないと腹をくくって完済に向けて頑張るしかありません。

おまとめローンの罠

Posted in 多重債務 on 3月 31st, 2014 by someone – コメントは受け付けていません。

多重債務に陥っている場合、
全てをひとつにまとめて支払うのは良い選択です。

でもその場合注意して欲しいのは、
安心できる銀行などで審査を受けてそこでまとめてしまうということです。

おまとめローン詐欺というのがありますが、
それは怪しい金融機関と言ってもよく、ヤミ金かもしれません。
また別のヤミ金会社を紹介されて払えなくなった時には
同じことを繰り返すばかりではなく借金の総額がさらに増えるのです。
それが罠ということとなります。

でもきちんとした銀行でも注意が必要。

親切で10万円以内ならいつでもキャッシングできる金融商品を紹介される場合もあります。
もしあなたが勧められたのなら丁重にお断りすべきでしょう。

なぜなら、また借金返済が2つとなるため
同じことを繰り返してしまうのです。

ただ、銀行の場合金利は安いです。
しかし2つの支払いがあることで生活に困ってしまうのは目に見えています。
多重債務をしてしまうといっても過言ではないのです。